Quick Edit

  • 2014-01-23 (木) 23:56 初版作成
    2016-11-15 (火) 16:02 最終更新

最初は Edit モジュールとして公開されましたが、D7 版はこちらに移行、D8 版はコアに組み込まれました。

任意の入力フィールドでインプレイス編集をサポートします。コンテンツの表示ページ上で(編集ページに遷移することなく)その場でコンテンツを編集して更新できます。 Drupal 8 では標準サポート。D7 では個別にインストールして使用できます。

使用するには、Entity APICToolsLibraries API の各モジュールのほか、Underscore 1.5.x (http://underscorejs.org/)と Backbone 1.x(http://backbonejs.org/)を入手してインストールしておく必要があります。

使用例

ページ右上のドロップダウン メニューで "Quick edit" をクリックすると…

インプレイス編集の呼び出し

インプレイス編集モードになり、表示中のコンテンツをクリックしてその場で編集できます。

タイトルのインプレイス編集例

CKEditor によるインプレイス編集

CKEditor モジュール (バージョン 1.13 以上) と組み合わせると、CKEditor によるインプレイス編集が可能。サポートされる CKEditor はバージョン 4.2 以上で、"Shared Space" プラグインを組み込んでおく必要があります。CKEditor の [ソース] ボタンを使用する場合は、さらに "Source Dialog" プラグインも必要。プラグインを組み込んだカスタマイズ版の CKEditor を入手するには、Builder で必要なオプションを指定してダウンロードします。

CKEditor によるインプレイス編集例

CKEditor の [ソース] ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスから生の HTML ソースを編集できます。

HTML ソースの編集も可能

更新履歴

  • 2016-11-15 (火) 16:02

DISQUS コメント